映画アサシンクリードを観た。めっちゃ疑問が残るんだが《感想&ネタバレ》

こんばんは〜!

今回は映画「アサシンクリード」の感想を書きます。

全然観る予定はなかったのですが、CM観てコロッと気持ちが変わったので観てきました(*゚∀゚*)ノ

※ちなみにアサシンクリードのゲームはしたことないし、エデンの果実の意味は分からないまま観ました。

追記:本文に私が疑問に感じたことを記述しているのですが、なんと親切な方がコメントで解説してくださいました!感謝感謝です(> <)

SPONSORED LINK

映画アサシンクリードのあらすじ

ざっくりこんな内容です。

遺伝子の記憶を解き放つ革新的なテクノロジーによって、カラム・リンチは15世紀のスペインに生きた彼の祖先アギラールの冒険を経験することになります。カラムは自身が秘密結社アサシン教団に所属していたことを知り、非道で強力なテンプル騎士団と対決するために圧倒的な知識と技術を手に入れることに。出典:http://ciatr.jp/

死刑囚(カラム・リンチ)が、謎の団体に誘拐されアムニスという最先端のVR技術に繋がれて、カラムの先祖(アサシン教団のすごい人)の記憶を体験させられるんです。

アムニスは遺伝子操作ができ、DNAに眠る祖先の「記憶」を呼び起こすことができるんです。(すんごい機械だな・・)

アサシン教団は驚異的な身体能力を持つ団体で、テンプル騎士団と対決しているおそらく世界を守ろうとしているいい人たち。

ほんでカラムの先祖の記憶を辿り、エデンの果実を探しだし、非道なテンプル騎士団に奪われないように戦う!わけです。

エデンの果実は人間を完全に服従させる効力があるとされる謎の球体です。(いや、りんごかな・・?)

これが非道な団体のテンプル騎士団に奪われるとヤバイ世界になりそうなのでそれは防ぎたい・・って感じで戦うわけです。

ちなみに舞台は現代なので、アムニスにつながれている時だけ、先祖の記憶に入り込めるので、タイムスリップしている感じです。

なので先祖がいる過去に戻ったり現代に戻ったり・・・って感じで切り替わりながらストーリーは進んで行きます。

※アサシンクリードはプレステやニンテンドーDSなどで人気のアドベンチャー・アクションゲームが原作となっている作品です。アニメやってる人なら理解しやすいかも?

 

映画アサシンクリードを観て思ったこと

率直に感じたのが、、

 

 

ヽ(;▽;)ノ?

 

は・・?

 

 

意味が分からない!笑

 

正確言うと、ぜんっぜん話についていけない・・・。

 

疑問1.エデンの果実って?

映画の冒頭でエデンの果実とか、ざっくりした説明があったけど、映画を観ていくうちに

エデンの果実ってすごい重要なキーワードだわって気付きました。

でも、そんときにそもそもエデンの果実って?

自由意志?暴力?

なにがなんだかわからんくなって混乱。

映画観終わって必死にググったところ人々を服従させられるやばい果実ってことが判明。ああ、だからあんな必死になってたのね、と理解。

 

疑問2.アムニスの必要性は理解したけど、繋がった状態で戦わなくてもいいんじゃ?

カラムが先祖の記憶を辿るために、アムニスに繋がれるわけですが、

意識は過去、肉体は現在にいるわけです。

で、過去の記憶の中で敵と戦う時に、現在の肉体も戦う動作をしているんです。

そもそも記憶を辿るだけなら、なにも戦う体験をさせなくてもいいんじゃ・・?っと思いました。

ここの必要性がよくわからなかったです。

 

疑問3.なんでアムニスに繋がれていないのに自分の意思で戦っているの?

映画後半で、アムニスに繋がれていないまま、カラムが自分の意思で、自分を誘拐してきた施設の人たちと戦い始めました・・。

 

え?なんで?現代で自分の意思で施設の人と戦っているの?

しかも、カラムと同じ感じで誘拐させられてきた人たちも一緒に施設で暴乱が発生して

しっちゃかめっちゃかというか・・

え?

なに?

え?

なに?

で、後半は終始???でした。

 

映画アサシンクリードのみどころ

意味わからん!と発言しておいてなんですが良かったところもあります。

アクションシーンで、屋根の上とかひたすら屋上で逃げ回りながら戦うシーンがあるのですが、ここはちょっとかっこよかったです。

ジャンプをしながら武器を投げたりするシーンは観てて「あ・・その投げ方かっこいい」と素直に思いました。

あとは、音楽もかっこよかったです。

これは個人の趣味によりますが、音楽がですね、歴史大作に使われそうな壮大感が出ている音楽でこれは聞いてて気持ちがよかったです。

重低音が強くて、バスドラムが使われているような感じ?エンディングもかっこよかったです。うっとり

SPONSORED LINK

映画アサシンクリードはおそらくこんな人におすすめ

私は終始???だったけど、たぶんゲームやってそこそこ知識ある人は映画の世界観に入り込めるのかもしれない。

ってことで

  • ゲーム「アサシンクリード」が好きな人
  • アクション映画が好きな人

は、きっとそこそこ楽しめるかな?と思いました。

うーん、どうやら結末的に次回作ありそう。

そんな感じで終わったので。

 

予習して観に行けばよかったのかなぁ〜?なんかスッキリしない。

 

※追記:よろしければコメント欄もご覧ください。解説してくださってます。

そんな感じでーす!

ではでは

SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife





2 件のコメント

  • 通りすがりですが疑問に答えます。

    疑問1.エデンの果実って?

    劇中では人間の遺伝子の中にある暴力的な部分、本能や殺人衝動といった他人を害する感情を排除するために博士は欲し、CEOの父はテンプル騎士団による支配のためでした。

    疑問2.アムニスの必要性は理解したけど、繋がった状態で戦わなくてもいいんじゃ?

    あのアレンジは単純に映画を観ている方に分かるように改変されているんだと思います。
    ゲーム通りだと主人公が座っているだけでシンクロしているかどうか分かりませんから。

    疑問3.なんでアムニスに繋がれていないのに自分の意思で戦っているの?

    カラムは過去の追体験をすることで徐々にアサシンとして意味を知り、完成されていきます。
    最後のアニムスでは血の繋がる母の姿も見え、母の生き様に後押しされるような描写もありました。
    最終的にアサシンとして生きる決意をする物語がこの映画でしょうか。
    ちなみに他の被験者はアサシン教団のスパイです。
    万が一エデンの果実の場所がテンプル騎士団側にバレた場合は阻止するために暴動を起こしていました。
    長文、失礼しました

    • コメントありがとうございます!!

      す・・・・・すごい!!!
      めちゃめちゃわかり易いです!

      ご丁寧に解説してくださりありがとうございました。すっきりしましたヽ(;▽;)ノ