【感想】映画アトミックブロンドめっちゃ面白い。あらすじ&ちょいネタバレ

こんにちは!

こばです。

スパイ映画や女性がめちゃくちゃかっこいい映画が大好きな私としては見逃せない映画「アトミックブロンド」を観てきました!

結論からいうと

めっちゃスカっとするし、シャーリーズ姐さんめっちゃかっっこいい。

具体的に個人的に思った見所と感想をお話ししたいと思います。

(ちょっとネタバレありです。)

映画アトミックブロンドのあらすじ

イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令が下される。それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは、世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロレーンは超人的な戦闘能力を発揮しながら立ちはだかる敵を倒し…
出典:https://www.cinematoday.jp/

監督は「ジョン・ウィック」「デッド・プール2」を手がけたデヴィッド・リーチです。

超人的な身体能力をもったロレーンがさまざまな敵たちとドンチャンやるスパイアクション映画です。

SPONSORED LINK

映画アトミックブロンドを観た私の感想

シャーリーズ姐さんがとにかくかっこいい

主人公のロレーン演じるシャーリーズ・セロン姐さんがとにかくかっこいいのです。

美しい容姿で乱れない感情と表情、そして爽快なアクションさばき。

アクション演技はすべてがキレっきれ。

演技のように見せない体当たりな演技にこっちはどんどん引き込みます。

「このスパイ、すべてが完璧すぎる・・かっこいい」

と同じ女性ながら惚れ惚れしてしまいました(゚´ω`゚)憧

スパイ・スパイ・スパイだらけのストーリー

この作品は主人公ロレーンだけがスパイ!な作品ではなくて、仲間や敵もスパイ。

最初はいろんなスパイが登場してきて名前も飛びかうので「あれ?いま言った名前のスパイどれだっけ?」と一瞬混乱しましたが、それも中盤くらいには理解できるようになりました。

ほんでスパイ作品ならではなんですが、仲間の裏切りや、敵かと思っていたら実は味方、な要素もあってこれが面白かったです。

観ているこちらは「え・・!まさか!」な気分になるし、ますます作品に引き込まれていく。

最後の最後にスカっとした

かなりのネタバレになってしまうので大事なとこは伏せますが、主人公ロレーンのアクションシーンは最後まで贅沢に映っています。

まずここでスカっとするのですが、もう1個スカッとする場面があります。

それが最後の最後、アクションシーンのあとに、事の真相というか、ローレンの正体が明らかになるんです。

「ローレンって実はあっちのスパイだったの?」っていうね。

「あああああああ!そういうことだったのね。気づかなかったわぁ」みたいな。

ここでもまたスカっとするんです。というよりスッキリ!に近いかも。

映画アトミックブロンドはこんな人におすすめ

  • アクション映画が好き
  • 女性が活躍する映画が好き
  • スパイ映画が好き

こういった映画が好きな人はアトミックブロンドを観たらきっと楽しめると思いますね(・∀・)

 

いかがでしたか?

私は女性がかっこよく活躍する映画がとても好きなので、アトミックブロンドはドストライクな作品でした。

観てて心底スカっとしたので、ストレス発散としてもありかも。

おすすめです^^!

ではではこのへんで〜

SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です