50社落ちて1社内定。結局5ヶ月で辞めたわたし

SPONSORED LINK








…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

私が就活中、忙しくてもスキマ時間に無理なくサクっと働いた方法を紹介する

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ
…………………………………………………………………………………………………………………

朝からコーヒーを一気飲み・・あ・・お腹が・・

どうも
こば(@kobakobalife)です!

今回は大学時代の就活ネタについて書こうと思います。

本気で戦った就活。50社落ちました

 

どんだけ落ちるんだよって話・・・

私は、大学時代の就職活動で50社ほど落ちたことがあります。

 

50社というのは
履歴書送って落ちた数+面接行って落ちた数です。

面接自体は30社くらいだったかと思います。

 

この期間は濃かった・・

だって

恥ずかしい思い出ばっっかりだったから!w

 

落ちるたびに心がポッキポキ折れまくる日々。

 

次第にこんなこと思うようになりました。

「私って、こんなにも社会から必要とされてないのね・・」

と。

 

でも当時は何がなんでも就活をがんばりたかったんです。
待ちに待った社会人デビューを新卒で成し遂げたかったのです。

 

内定ゲットしてスーツ着てスタバなんか持っちゃってヒールでカツカツ音立てながらオフィス街を歩きたかったのです!

 

仕事がんばってる私!みたいな雰囲気出してみたかったんです!

 

 

しょーもなっ

 

 

でも当時はそうしたかったのです

 

 

トータルで交通費や食費で70万近くの金が消え去りました・・・

 

これだけあったら何カ国か旅行に行けた気がするよ・・

 

ついに1社内定もらう。駅のフォームで発狂

そんな落ちまくり就活ライフもついに終わりがやってくるのです。

そう

ついに、1社から内定もらいました。

 

 

内定の電話がかかってきたときちょうど駅のホームにいたんですけどね

採用担当者から

第一声

「おめでとうございます」

 

 

 

(;; ゚Д゚;;)

 

 

 

 

 

(;; ゚Д゚;;)

 

 

 

 

 

コ・・コレハ(;; ゚Д゚;;)

 

 

 

 

「ひえやあぁあらあらああああありがとうございます!」

と、電話中なのに半泣きで大声で
ありがとうございますを連呼

 

池袋の駅のホームで何度も電話しながら頭をぺこぺこして顔はニヤニヤして

 

本当に嬉しかったんです。

 

SPONSORED LINK

でも、入社後5ヶ月で辞める

 

はい。

辞めました。

 

理由はシンプルでして

労働時間に耐えられませんでした・∀・

 

これ以上こんな勤務時間、働けない、と思いました。

新人は7時半出社~残業で22時とか23時、24時とか

同期は気持ちを切り替えて頑張っていたけれど、私には無理でした。

 

でも辞めるのに相当苦労した。

私のブラック企業体験記。7人の上司に退職話をしてやっと解放された話

2016.09.27

まだバイト感覚でいた自分を知ったときでもありました。

でもすっごく自分を責めた時期でもありました。(自分を責める時間は絶対に無駄です)

 

苦労してやっと内定。もったいないで辞められない問題にぶちあたった

たった5ヶ月だけど、辞めるまですんごい悩んだし考えまくりました。

 

いつもこんなこと考えてました。

「あんな苦労してやっと内定ゲットして、辞めるなんてもったいないかな..」

「短期間で辞めたら次の転職にひびく…新卒って特権を捨てることに….辞めるなんてもったいないかな..」

本気で注いでた分、すぐに辞めようとしてる自分に、ほんとにそれでいいのか何度も問いかけてました。

 

 

でも、辞めました。

もう何を考えても結局無理って気持ちが勝ったからです。

 

もったいなくて辞められない?そこは辞めていいと思うよ

結果論ですけど、私はやめてよかったと思っているんです。

友達からは辞めるの早すぎ!なんて言われたり、結構上のおじさまたちからは、忍耐力がないとか、それなりに言われました。

いまここで辞めたら転職繰り返すことになるよ・・と何度も言われました。

 

そう言われる度に

1つのこともまともに続けられない人間なのか私は?と思ったりもしましたね。

 

でもね、その後転職は成功し、恵まれた環境で3年ちかく働くことができました。

ちなみに転職サイトは女の転職@typeに登録してました。

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

2017.01.05

更に、その後も転職をしましたが、転職する毎にいろんな出会いやつながりができたり、いい大人なのに超バカやったりできる仲間に会えたり、転職したことで得ることができた出会いはとても楽しいものでした。

1社にずっといるより数社を経験すれば仕事での出会いもその分増えるし、それって思ったよりいいものなのかもって思ったんですよね。

 

ただ、いま私は、こう感じているから結果やめてよかったって思っているだけで、人によっては短期間で辞めた結果苦労している人もいると思うけど。

あくまで結果論ですけどね^^;

 

何が言いたいのかというと

せっかく内定もらった会社、もったいないで辞められない人(苦労した分余計)多いんですよね。

気持ちはもんのすごくわかります。

 

でもさそこはさ、辞めていいんじゃない?って思うんですよね。

 

辛い思いして耐える仕事、虚しさを感じながら続ける仕事・・そんなんストレス以外のなにものでもないです。

私はストレスためすぎて体調壊した時期もあったので、尚更そう思うんです。

 

それに、このとき、50社受けて、だいぶお金もつかったけど、結果今こうしてネタとして書けてるからそれはよかったわ!とも個人的には思っていますw

▼ちなみにこの会社を辞めた時のことはこちらに詳しく書いています。

私のブラック企業体験記。7人の上司に退職話をしてやっと解放された話

2016.09.27

そんな感じです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!

SPONSORED LINK


…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ

【ウォーキングデッド】観なきゃまじで損。なぜこんなに面白いのか5つの魅力を語ります
…………………………………………………………………………………………………………………



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リアクションでか!ってよく言われます。 元プログラマー。 月間20万pvの複数webメディア運営中。 働き方について考える好き! 英語、国際交流、EDM、旅好き。 ブログ仲間募集中ですブロガー好きです! follow us in feedly 友だち追加 Instagram