【感想】ラ・ラ・ランドを観たよ!全てに感動した《ちょいネタバレ》

SPONSORED LINK








…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

私が就活中、忙しくてもスキマ時間に無理なくサクっと働いた方法を紹介する

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ
…………………………………………………………………………………………………………………

どうも!
こば(@kobakobalife)です!

アカデミー賞歴代最多14部門ノミネートされている
ラ・ラ・ランドを観てきました〜!

これはタイタニックを上回るノミネート数で、すごいんです、すごいことなんです!!

追記:第89回アカデミー賞 で下記賞を受賞しました!
・主演女優賞/エマ・ストーン
・監督賞/デイミアン・チャゼル
・主題歌賞(City of Stars)
・作曲賞/ジャスティン・ハーウィッツ
・撮影賞/リヌス・サンドグレン
・美術賞
わーい(^o^)/

 

映画好きとの私としてはすごい興奮・・笑

今回はこのララランドのちょいとネタバレありの、個人的な感想を書きたいと思います。

結論から言うと、良い映画だったよ^^

 

ラ・ラ・ランドのあらすじ(ざっくり)

まずはざっくりとしたあらすじです。

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。
出典:http://eiga.com/

 

女優志望のミアとジャズピアニストのセバスチャンが出会い、惹かれ合い、お互いの才能に気付き合い、そして夢を追っていくストーリーです。

(ラ・ラ・ランドの監督は映画「セッション」を手がけた今超注目されているデイミアン・チャゼル監督です)

SPONSORED LINK

ラ・ラ・ランドの見どころ

オリジナルのミュージカル映画

ララランドは、これまでのミュージカル映画のように、もともと有名なミュージカル(マンマミーアとかミゼラブルとか)を題材にしたものではなく、

この映画オリジナルとして生まれたミュージカル映画なんです。

なのでストーリーに関してはそういった意味で先入観や期待感なしで

わくわく感をもって観れましたヽ(o゚∀゚o)ノ

ほんでその期待感を裏切らない内容でした。

 

ミュージカル映画だけどセリフは歌じゃない部分もある

ミュージカル映画って台詞のほとんどが歌になっているものが多いんですが、ララランドはそうじゃなかったです。

普通の台詞8割 歌の台詞2割的な?印象でした。

だからそういった意味でミュージカル映画が苦手な人でも楽しめるんじゃないかな、と思いましたね。

 

ダンスのシーンがほとんどノーカット

ララランドのダンスシーンはほぼノーカット。(全部かな?)

ノーカットなんで1発勝負。1人がミスったらまた最初から撮り直し。

これ、ララランドの魅力の1つとしてテレビやネットでも大きく取り上げられてて

それを知りながら鑑賞したので
なおさらすごいな〜このシーンと思いながら見入っちゃいましたね。

アクロバティックなダンスも結構あったんで、これ一発で撮るとかすご!!って感動しちゃいました。

なのでノーカットで撮られているということを思い出しながら観ると感動が倍増しますよ。

SPONSORED LINK

落ち込むときもあるよ。でもさ、やりたいこと分かってんならそれ貫こうぜ!って思わせてくれる

ストーリーも、なかなかよかったです^^

冒頭、オーディションに落ちまくっている主人公がストーリーのはじまりで、最初は結構どん底なんです。

2人の関係も、最初はラブラブだったのに、どん底になっていきます。夢を追えば追うほど、軸がブレて、そしてすれ違いも多くなってしまうんです。。

 

でも、それを乗り越えて、何が大切か?に気付き、本当の自分の夢に近づいていく。

 

そして

観ているうちに、次第に自分の夢を実現させるために、なんだかここで立ち止まっていたらいけないかも!そんなこと考えさせてくれる

そんなストーリーだなって私は思いました。

 

俳優陣の演技力がすごい

セバスチャン役のライアン・ゴズリングのピアノ演奏は本人の生演奏。

3ヶ月間猛特訓したみたいですが、もともとピアンが弾けなかった人がここまで弾けるようになるなんてすごいな〜と思いました。

ほんとに、指の連打が、すごくて。ひょえええって思いながら観てました(;゚Д゚;)

練習してここまで仕上げるのは、まぁ映画のためだから当然っちゃ当然ですけど、すごい役者魂を感じました。

エマ・ストーンの歌唱力も素敵でした。

素晴らしすぎる音楽とダンスに負けないほどの歌唱力だったので、観ててすごく楽しかったです^^

ちなみに第89回アカデミー賞でこちらの「City Of Stars」が主題歌賞を受賞しました!!

ちなみにセバスチャンがですね、いろいろ軸はズレてミアと衝突するのですが、最終的に彼はかっこいい男・・なんです。
後半きゅんきゅんしてしまいました。

 

まとめ

映画「ラ・ラ・ランド」を観てよかった。

連日メディアで大々的に取り上げられてるから、期待しすぎちゃって「なんだ〜こんな感じか」とか思って拍子抜けしたらどうしよとか勝手に思ってたけど、すごく素敵な作品だと思ったし楽しかったです^^

なんかこれまで自分が観てきたミュージカル映画とは違うなって思いました。「夢」について考えさせられたからかな(;゚Д゚;)?

 

あと

ネタバレになるから書きませんが、最後の2人が見つめ合うシーンに、グッときたというか、「うんうん、うんうん」ってウルってきて感動しました。切なさMAX。

うん。感動できたし、考えさせられたし、楽しかったし

観てよかった。

 

だから、おすすめです。ララランド。余韻が残ります

 

 

そんな感じですかね〜^^

 

ではでは〜

SPONSORED LINK


…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ

【ウォーキングデッド】観なきゃまじで損。なぜこんなに面白いのか5つの魅力を語ります
…………………………………………………………………………………………………………………



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リアクションでか!ってよく言われます。 元プログラマー。 月間20万pvの複数webメディア運営中。 働き方について考える好き! 英語、国際交流、EDM、旅好き。 ブログ仲間募集中ですブロガー好きです! follow us in feedly 友だち追加 Instagram