【感想】メアリと魔法の花の試写会行ってきました!(ネタバレはちょっとだけ)

こんにちは!
こば(@kobakobalife)です。

ジブリの新作アニメーション「メアリと魔法の花」の試写会が当たったので行ってきました〜^^

結論から言うと終盤少し感動しましたが、ちょいちょいこれまでのジブリ映画のワンシーンと他の映画を連想してしまい、内容的にも「・・・ううん(苦笑)」と思いました;

ちょい〜とネタバレしますが、感想を書きたいと思います。

SPONSORED LINK

メアリと魔法の花の試写会に行ってきました♪

絶今回、対に当たらないだろうな〜と思いながらも応募していた試写会に当選しました!

嬉しい〜^^

メアリと魔法の花は『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』を監督した米林監督の新作ってことで期待が高まっている作品。

若干「魔女の宅急便とかぶるのでは?」なーんて声もあがっていた作品でしたが、果たして・・・?実際に観て確かめました。

メアリと魔法の花のざっくりとしたあらすじ

原作はイギリス人作家メアリー・スチュアートの児童文学「The Little Broomstick」です。

その森にしかなくて、七年に一度しか咲かない花《夜間飛行》 それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の“魔女の花”だった。

一夜限りの不思議な力を手にしたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法大学“エンドア”への入学を許可されるが、メアリがついた、ひとつの嘘が、やがて、大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。

しだいに明らかになる“魔女の花”の正体。メアリは魔女の国から逃れるため、すべての魔法を終わらせようとする。しかしそのとき、メアリはすべての力を失ってしまう――。

メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に。出典:http://www.unitedcinemas.jp/

魔女の花を偶然見つけてしまったがために、魔法学校に入学することになり、大事な人が巻き込まれゴタゴタ事件に発展していくストーリー。

SPONSORED LINK

メアリと魔法の花を観た感想

出典:https://www.facebook.com/

SNSでは試写会行った人が「感動した」とか「よかった!」とかコメントしてますが、個人的には「おもしろい部分もあるけど・・・う〜ん」って感じでした。

以下、少しネタバレしますのでご注意を。

ちょいちょいいろんな映画のワンシーンを思い出してしまった

ネットでは「メアリと魔法の花は魔女の宅急便のパクリなんじゃないか?」って書かれてましたけど、ストーリー的には魔女の宅急便って感じではないと思いました。

ただ、ちょいちょい他の作品を連想させるシーンはあったように思います!笑

たとえば

  • 魔法学校への入学シーン → ハリポタを思い出しました。
  • メアリの大叔母とお手伝いさん → 魔女の宅急便を思いだしました。
  • シカに乗って駆け抜けるシーン → アシタカ思い出しました。
  • ドロドロ系の敵 → デイダラボッチ思い出しました。

だいぶ私がジブリに影響されているからってのもありますが^^;

思い出したからどうこうってわけじゃないんですが、「あ、、これ、、笑」とニヤけてしまいました。

ただ、ジブリの作品らしく景色の絵はとても美しいし、最後メアリとピーターが一緒に戦うシーンなんて壮大感がすごかったです。

音楽の影響もあるかと思いますが、アニメでこんな迫力出せるのはすごいなと感動しちゃいました。

あと、ピーターが終盤頑張る様も、ウルっとしましたね。

まとめ

感動する部分もあり、ジブリの良さも感じられましたが、全体的なストーリー的には正直ちょっと微妙・・;と思ってしまったのが正直な乾燥です^^;

ただ、わかりやすい内容なので、子供は間違いなく喜びそう!とも思いました。

 

ざっくりですが、私の感想はこんな感じです。

ではではこのへんで〜^^

SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife