【ブラック企業の思い出】名刺獲得キャンペーンの精神崩壊への道

こんにちは!

こば(@kobakobalife)です。

最近、ブラック企業や社畜関係の話題がメディアでも増えてきましたよね。

私もブラック企業に勤めていた時期があったので、社畜とか聞くと当時の自分をたまに思い出します。

それにGWが過ぎたあたりからこのブログでもブラック企業関連の記事が多く読まれているみたいで、5月って精神的に大変な時期なんだなと思います。

心体ともにいろんなものを奪っていく企業

それがブラック企業。

今回は、そんなブラック企業で経験した名刺獲得キャンペーンについてお話します。

「今でも名刺獲得キャンペーンを行っている会社あるのだろうか・・?」

SPONSORED LINK

新卒で入った会社で毎年恒例イベント「名刺獲得キャンペーン」を経験

名刺獲得キャンペーンって知っていますか?

いまでもやってる会社があるかわかりませんが、私が入社した会社では毎年恒例の新卒強化イベントでした。

いわば新人の登竜門的な存在。

たまに品川駅とかオフィス街が隣接した大きい駅付近で
通りすがりの社会人にひたすら「名刺交換してください」と言っている人見かけたことありませんか?

あれも名刺獲得キャンペーンみたいなやつです。

側からみたらいい迷惑な活動なんですけどね^^;

見ず知らずの人からいきなり「名刺交換してください!」なんて言われてもなんか怪しいですし、良い気分にはならないですから。

で、私の会社でもこの名刺獲得キャンペーンがありまして。(通りすがりではなく飛び込みで会社に訪問パターンでした)

入社後まもなく、こんなイベントがあるってことは薄々気づいてはいたのですが、「いつやるんだろうか」・・・とビクビクしていました。

で、新人研修が終わった5月あたりですかね、ついに上司から発表がありました。

 

「〜月に名刺獲得キャンペーンを実施します」

 

 

ついにきたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(;ω;)

 

まぁ、逃れられるわけもなく・・・

その発表がされた直後は、新人は直属の先輩などに名刺獲得キャンペーンで1位になるための秘訣を聞きに行くんですね。

私も先輩に「名刺獲得の件でアドバイスをいただきたく、お時間いただけませんか」と連絡して相談しました。

私と同じくまわりの同期もそんな感じで直属の先輩に相談していました。

勝負事が好きな人や負けず嫌いな人はかなりスイッチが入っていたと思います。

私も多少は頑張ろうと思いましたが、飛び込み営業にかなり消極的だった私は憂鬱な気分にもなっていました。

 

「ってゆーかそんなキャンペーンいまどきやるか!?」

なーんて思ってました(;ω;)

 

SPONSORED LINK

名刺獲得キャンペーン1日目

ついにやってきてしまった。おそろしい名刺獲得キャンペーンが。

与えられた時間は2日間(1日の活動時間は確か9時半〜18時くらいまで)

その2日間でいかに多くの名刺をゲットするか・・・。

そして1位を狙うわけです。

 

開始の合図がされ、一斉にみんなでオフィスを出ます。

憂鬱憂鬱憂鬱憂鬱憂鬱・・・もう憂鬱でしかなかったですね;

ターゲットの駅(オフィス街に隣接した駅)に行き、ひたすらピンポンダッシュ・・・じゃなくてピンポンしまくりの

THE 飛び込み営業です。

狙う企業は小さめの企業にしていました。

なぜなら大手は受付嬢などで断られるので、入り口のガードが手薄の小さめの会社のほうが 担当者と対面させてくれやすいからです。

 

1日目は思ったより多く名刺交換ができました。

年配のおじさんが多かったのですが、おそらく名刺獲得キャンペーンで来た新人ってのがわかって気遣ってくれたんだと思います。

なかにはこんなひよっこ新人に対して労いの言葉をかけてくれるスーパー優しい人もいました。ありがたい・・泣

 

でも、中にはキツイ対応をする人も何人もいました。当然ですね。

片手で「シッシッっ」とするオバチャンもいれば、「迷惑」とか「失礼」とか言われたとこもありました。

ほんと、その通り。

いきなり訪問してきて、営業をするわけでもないのにいきなり「名刺交換してください!」なんて

本当に失礼で迷惑な行為ですもんね笑

 

「そんなんわかっているけど・・・わかっているけど・・でも!!」

(;ω;)

っと、心がポキポキ折れながら途中、公園らしきとこの木陰でたそがれました。

たまに平日に公園で見かけるサラリーマンも、仕事でなにか心が折れた時に公園にやってくるのかな・・なんて思ったりもしました。

 

ときより吹く風が気持ちよかった。心地よかった。涼しかった。それは鮮明に覚えています。

 

そしてその後も何件も何件も心を折る名刺獲得に走りまわりました。

次第に、心が折れるたびに何か吹っ切れる気分になった気がしました。

良い言葉で言うと精神が1段階強くなった

悪い言葉で言うと悲しいと思う感覚がにぶくなった

とでも言いますか^^;

ちょっとふわふわしたような気分といいますか。

 

そして、1日目が終了。順位で10人中3位でした。

 

1位だった同期は結構な数を獲得していました。

すごいな・・なんて思いながら同期を見つめていましたが、ちょっと様子がおかしいふうに見えました。

どことなく殺気立っていたような。勘違いかもしれませんが。

たぶん、やる気満々だったんだと思います。

 

もしくは・・・

。。

 

1日目は大変だったろう!ということで上司が新人たちに対し
「早く帰っていいよ!」と言ってくれたのでみんなとソッコーでオフィスを出ました。

またとないチャンスばりに早く帰って寝て体力温存したいと思っていました。

私は暫定3位で、たかが10人中ではありましたが、ちょっと嬉しいと思っていたんです。

あんな憂鬱感でいっぱいだったのに。

もうこの時点で何かが麻痺していたように思います

 

名刺獲得キャンペーン2日目

2日目は初日に比べ、苦戦しました。

担当者さんと会えても拒否られる拒否られる。

あたられ方も初日に比べ、きつかったです。

「それでも1位になりたい!」

なーんて思いながらひたすらビルの上層階からピンポンです。

ピンポンピンポンピンポンピンポン

お昼休み中、みんなは今何枚くらい獲得したのかな〜なんて思いながら「次はどのビルを攻めようか・・」と考えてました。

 

「初日3位だからさすがに最下位にはなっていないだろうとは思うけど・・でも頑張らなきゃ」

頑張らなきゃ

 

頑張らねば!!!!

 

と、こんなことが脳内リピートされてました。

 

この時点で精神的に自分を追い込みモードになっているのだと思いました。

当時はそんな冷静に自分を分析できてませんでしたけど。

 

そして2日目が終了。

みんなよりちょいと早めにオフィスに戻ってきた私。

続々と疲れ果てた同期たちがオフィスに戻ってきました。

初日1位だった同期も、より殺気立った感じで帰ってきました。

やる気満々だったんだろうと思ったけれど、なんだか心配な気分にもなりました。

 

「あの子大丈夫かな・・・・(;´・ω・)」

 

結果、2日間のトータルで私は4位でした。

1位落としましたけど、その結果に対して

びっくりするくらいなんとも思わなかったんです。

 

初日は「やったー3位ちょっと嬉しいかも」と思ったのですが、2日目でトータルの順位が発表されたとき

なんの感情もありませんでした。

 

「1位落として残念だな・・・」とは思ったかもしれませんが、

このときの自分の感情にぴったり当てはまる言葉はまさしく

 

思考停止でした。

やりきった!という達成感とも違う。

なんとも表現しにくいのですが、もう何も考えたくなかったんです。あと、「疲れた、休みたい」っていう、これだけ。

SPONSORED LINK

名刺獲得キャンペーンを経験して見えたこと

2日間の名刺獲得キャンペーンを通じて見えてきたことがありました。

一線を超えると楽に感じる

それまで飛び込み営業に抵抗を感じていた私でしたが、名刺獲得キャンペーン2日目は、そこまで抵抗を感じなくなっていたんです。

傷つくレベルもUPしていたんだと思います。

こうやって精神が強くなっていくのですかね。

そう考えると会社にとっては手っ取り早い良いトレーニングメニューなのかもしれません。

 

恥じらいがなくなる

何件もピンポンしていろんな人に会ったり、きついこと言われると何も思わなくなっていくんです。

こういう態度されるのがあたりまえ!こう言われるのがあたりまえ!と一旦自分の中で落とし込めれば、そのあとはなんも思わなくなるんですよね。

それまでもじもじしてた自分も、名刺獲得キャンペーンが終わるころにはちょっと1ステップ上にいけた気分に浸れました。

 

相手の都合を考えない肝が座る

恥じらいがなくなると同じ理由ですが、なんも思わなくなるんで、”こう思われたらどうしよう”とか”こうしたらきっと迷惑だよね”とか相手側の都合を考えなくなるんですよね。

こっちはこっちで仕事だからきているんだ!とふっきれてしまうのです。

そもそもそのふっきれが間違いな気がしますし、いま考えるとこの名刺獲得キャンペーンは迷惑行為以外の何物でもないと思いますが

当時は麻痺って、相手側のことそこまで考えなくなっていったんですよね。

私は仕事できているのだ!

と。

 

まとめ:名刺獲得キャンペーンで得られたものは、精神崩壊への道筋

2日目終了後に何も考えられなくなって、この時点で精神がちょっといってた気がします。

2日間走り回っていろんなところで煙たがられ、あたられ、何かが麻痺ったような気がしました。

まわりの同期の中にちょっと違うステージ(悪い意味で)にいってしまったような子もいたように思います。

こうやって、どんどん自分を追い込んでいくと、だんだん精神のいろんなとこが麻痺していってしまうんだろうな〜と思いました。

 

まだこんなイベントをやっている会社あるのかな?

そういえば4社目の会社で働いているとき、どこかの会社の新人が「ご挨拶したくて〜」と飛び込みでやってきたことがありました。

ちょうど私が対応したのですが、初々しくて若干もじもじしてたのですぐに新人だと気づきました。

まさしく私が経験した名刺獲得キャンペーンのようでした。

「まだあるんだ・・・」

会社としてはこのイベントを通して新人に度胸がついてほしいとか精神的に鍛えられてほしいとかそういう思いがあるのかもしれません。

でも、これは何か違うのではと思います。

張り切りすぎて何かを失う人もいるのでは?と思ってならないのです。(同期を見てそう思ってしまいました)

名刺獲得キャンペーンで得られるメリット「度胸とか根性」それって、精神を麻痺させてまで得る必要があるのだろうか・・?

って感じです。

ではではこのへんで!

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

2017.01.05
SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife