【ハドソン川の奇跡】命を救ったのになぜ‥いろんな意味で泣ける感動作品【感想】

どうも!
こば(@kobakobalife)です。

なぜ大勢に人を助けたのにこんな辛い思いをかかえなければいけないのか・・・・

観ていて胸を締め付けられる映画【ハドソン川の奇跡】

ただの感動作品ではなく、いろんな角度から泣ける映画だなと思いました。

SPONSORED LINK

ハドソン川の奇跡のあらすじ

クリント・イーストウッド監督の作品です。

09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。 出典:http://eiga.com/

 

乗客を助けるためにハドソン川に着水することを決断した機長。

乗客を救ったにも関わらず、徹底的に追求されて責められる内容です。

 

ハドソン川の奇跡のみどころ

乗客全員を救って感動!じゃない

この映画を観るまで私はてっきりこの映画

機長が乗客救って感動!!ってストーリーかと思ったんですが

全然違いました。

もちろんそのシーンもありますが、メインは機長が委員会から責められ、苦悩するってとこ。

 

機長が徹底的に責められる

乗客全員を救ったのに、いろんな問題があとから絡んでくるんですね。

国家運輸安全委員会から検証映像やらなんやらで、機長の判断する時間がなんやらで

徹底的に機長が責められるんです。

 

えーーーー、だれも犠牲者だしていないし、どーでもいいじゃん!

って観てるこっちは思ったのだけれど。

 

それに対して戦う(耐える?)機長の心情がうまく映し出されています。

なんか悔しい気分になってきますし、機長可哀相・・・という気分にもなりました。

 

ハドソン川の奇跡を観た私の感想

え、、そんな追及する!? なんだか可哀想・・・

っていうのが率直の感想。

そりゃいろいろあるんでしょうけど・・・。

まるで責任をどこかに押し付けたいというネガティブな思いが伝わってきて、それに対応する機長の感情が映し出されてて、なんともくやしい気持ちになってしまいましたね^^;

でもかえってそれがリアルさを表現していて、感動する部分だけでなく、あえて着陸した後の機長の感情とかいろんなしがらみに焦点を当てていたので、新鮮だったってのはあります。

たぶんこんな映画観たことないって人きっとたくさんいるはず。

 

あ、あともう1つ!

この映画の最後に、当時乗っていた乗客がちょろっと出ます。そこは感動的でした。

乗客はみな機長に感謝しているんだよってのが伝わってきてすごくうるっときました。

人の命を救ったことに勝るものはなく、結果的に心温まる感じで映画は終わりました。

よりリアリティある感想作品が好きな人におすすめしたい、そんな作品ですね^^

参考:動画配信サイト

私が実際に利用したことのある動画サイトです。(ほとんどのサイトにお試し無料期間あり

上記に紹介した作品は記サイトでも配信されているものがありますので、チェックしてみてくださいね♪

 

ではでは〜



SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife