ネットで車を購入しトラブルに。納車3日で壊れ泣き寝入りした話

どうも!こば(@kobakobalife)です。

今回は過去にネットで車を買って、私の無知さが故に泣き寝入りしてしまった経験をお話しします。

当時は目の前真っ暗になるほど落ち込んだのに、ここ数年すっかり忘れていたので、それにびっくりw

ネットで憧れの車(中古)を購入

当時、どうーーーーーしても買いたい車があって
近場の中古車あたりで探していたんですけど、なかなかこれ!っていうのに出会えずにいました。

で、もうこの際ネットで遠方の店でもいいから購入しちゃえ!とネットで探していたんですね。

そしてついに!九州の中古車販売のお店に、目当ての車を発見!

この車だあああああ!と思い、すぐにその車を購入!

通販で購入することのリスクと、現状渡しで購入することのリスクはさほど考えていませんでした。

これがあとあと私に災いをよこすことになるのです・・;

 

ついに納車!・・・あれ?買った車が道路走ってくるけど・・

いろいろ手続きを済ませ、ついに納車日に!

わくわくドキドキしながら車を待っていた私。

到着が夜になるとのことでそのときを家の外で待っていると

 

ついに!車がやってきたあああああああああああああああああああああああああああああああ???

 

 

あれ?

 

私が買った車が普通に車道を走ってこっちにやってくるけど?

 

あれ?そういう納車方法?

 

私のイメージ、こういうトラックに乗せられてくる想定だったんだけど

トラック

普通に車道走って私のほうへやってくる。

 

メーター増えるよね?え?九州から走ってきたってことよね?そんな納車方法あり?

すごい違和感を感じつつもそのときの私の感情は

違和感<納車ひゃっほーーい♪

な気分だったのです。

 

で、おそらく販売会社の人であろう人と軽く挨拶を交わし、彼は夜の暗闇に消えていったのでした・・

今考えるとなんとも不思議なやりとりでした。

 

違和感を感じつつも憧れの車ライフがスタート・・した・・のだが・・3日で動かなくなる

違和感は消え去ったわけではありませんでしたが

違和感<納車ひゃっほーーい♪

だったので、割とるんるんでカーライフが始まったのでした。

 

しかし、、納車3日目に悲劇が起こったのです。

 

3日目、エンジンをかけようとしたら、

故障!!

エンジンがかからない!!!

動かない・・!!

うんともすんともいわない!!

 

いくらキーをまわしても動かない!

どういうことどういうこと!!!泣

1度復活。しかしまた故障

すかさず当時の彼に助けを求め、かけつけてもらいました。

もしかしたらバッテリーが悪さしているのかも?とのことで彼の車のバッテリーをもらい数分後

エンジンがかかった!!

でもそこで一安心とはならなくて、なんで納車後短期間でこんな不具合でるの・・!という疑問が残ります。

 

またエンジンかからなくなるんじゃないか?と不安でいたら・・

いたら・・

 

いたら・・

 

またかからなくなった。

 

 

はい、アウトーーーー

 

 

アウトーーーーー

 

また半泣でまた彼に助けをもとめ、知り合いの整備士さんに見てもらったところ、どうやらエンジン部分のこの部分が怪しいねと。

どれどれとボンネットの中を覗いてみると、なんとガムテープらしきものがぐるぐるに巻き付けられているではないですか!!

 

 

ええ!?車の中にガムテープ!?

そんな修正あり?

整備士さんもびっくり。

 

中古車だからそこそこ直された形跡はあるだろうと思ってたけどガムテープ!?

焦りがとまりませんでした。

 

その整備士さん曰く
外車だからここの部品をまるごと取り寄せて替えないと直らないかも、とのこと。

メーカー専門のディーラーに見てもらう

早速専門のディーラーに見てもらうことに。

もうお先真っ暗状態で点検結果を待っていると、担当の方が戻ってきました。

結論、直せないわけはないが高額な修理費がかかるとのこと。

もうお先真っ暗感MAXな私。

せっかく安く買った車なのに、高額の修理代がかかるなんて中古で買った意味がないですよね泣

 

修理お願いするかその場で決めることができなかったので
後日家までレッカーで届けてもらい、この先どうするかいろんな人に相談することとしました。

 

SPONSORED LINK

購入した販売店に問い合わせをする

問い合わせをする

とりあえず納車3日で壊れるのは絶対欠陥!と思って問い合わせると

 

「現状渡しなんで」との返答が。

 

そう!!私が買った車は、現状渡しの車。

 

もしかしたら見えない欠陥もあったかもしれませんが、現状渡しは現状渡し。

現状のまま車の受け渡しが行われます。

購入するときにその記載は目にしました。意味も確認しました。いや、そこまで意味を理解をしていなかったのかもしれません。

ただ、こんな早く故障するなんて想定していなかったし、そういうリスクがあるってことも全然考えていませんでした。

現状渡しの効力は思った以上に強力なものでした。

「なんでもっとリスクを考えなかったんだ・・」と情けない気持ちになりました。

 

消費者生活センターにヒーローがいた

ヒーロー

でも、それでも少しは修理代とか出してくれないかな・・何か方法はないかな・・と消費者生活センターに電話しました。

そしたらそこに、スーパー頼りになる木村さん(仮名)登場。

木村さんは私の話を親身に聞いてくださり、現状渡しで購入したこと、3日で動かなくなったこと等々
最後までちゃんと話を聞いてくれました。

そして木村さんのほうで法律関連のことを諸々調べくれて販売店に何度も電話かけてくれました。

サイトに記載した内容に不備や落ち度はないか、いろいろ調べてくれました。

提案してくださっていました。

もうお先真っ暗状態な私としては木村さんが一筋の光のような存在となっていました。

 

結局「現状渡し」が勝ち。泣き寝入り確定

泣き寝入り

でも結局、現状渡しが勝ち。

とりあえず内容証明も出したけど、やっぱり現状渡しの効力が強くて、返答はなしでした。

がっびーーーーーーーーーーーーーーーーーん

ずっどーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん

でした。はい

 

ああ・・・・!!なんて私はバカなんだろう・・

 

悔やみました悔やみました、このときばかりはもう自分が情けなすぎて
ため息しかでませんでした。

車体のローン返済もあるのに、、どうすればいいのか、、、

お金のことばかり考えていました。

 

金金金・・・どーーーーするん汗 (・∀・)

お金

で、結局他の中古車販売の会社に引き取ってもらうことに。

少しでもお金がかからない策を選びました。

売るために別の借金をして車のローン返済を済ませました。

故障車輛としてはそこそこの価格で引き取ってくれたのが唯一の救いではありますが、それでもかなりの損をしました。

SPONSORED LINK

この経験で学んだこと

ネットで車を購入し、その後トラブル。

この経験で学んだことは、

 

現状渡しで車買うときは

絶対に現状を見て確認して買った方がいいってこと。

ボンネットの中もすみからすみまで。それで自分で理解できなかったら車に詳しい人同席で見にいくのもありかと思います。

あと、車はできれば近所というかすぐに行ける距離の販売店にしたほうがいいそう。
なぜなら、遠方に比べ近隣のお客さんとなると販売店も近所の評判を気にするから対応が変わってくるんだそうです(by 保険会社のおっちゃんの助言)

あとあと、現状渡しで買う場合はリスクをちゃんと理解してから買うようにしてください。

見えない欠陥が眠っていることもありますから、私のように納車直後に故障っていう事態に100%ならないわけじゃないので。(可能性低いけど)

できることなら現状渡しで買わないほうがいいですが。

自分で直せる自信があれば問題ないですが、慎重に慎重に慎重になって買うようにしてくださいね、高い買い物ですし。

私のような末路にならぬように

 

ではでは〜

SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife