転職の相談は転職を経験した人にしよう。相談するほど息苦しくなった私の経験から言えること

こんにちは!

こば(@kobakobalife)です。

今回は私が転職しようか悩み、まわりに相談したときのことを話そうと思います。

相談すればするほど息苦しくてなって辛くなっていったんです。

SPONSORED LINK

私が初めて転職を考えたのは、新卒で入社して3ヶ月くらい経ったころだった

私は新卒で入社した会社をたった5ヶ月で辞め、転職しました。

そのときの話はこちら

私のブラック企業体験記。7人の上司に退職話をしてやっと解放された話

2016.09.27

このとき、たった5ヶ月ですが辞めると決意するまでにめちゃくちゃ悩んでまわりに相談していたんですね。

 

「転職しないほうがいい」「苦労して内定とったのにもったいない」と言われた

「転職しようと思うんだ。。」

そうまわりに打ち明けました。

するとまわりはみな

「え!?もう辞めんの?」

「早くない?だってまだ数ヶ月しか経ってないじゃん」

「いま辞めたら辞めグセつくよ」

と言ってきました。

グサってきたけど、みんなの気持ちもわかります。

私自身もみんなと同じように何度も思いました。「まだ辞めるのは早い。いま辞めたら辞めグセがついて転職を繰り返すようになる」と。

 

相談すればするほど余計悩むようになっていった

でもだんだん相談すれば相談するほど

「やっぱり私は間違った決断をしようとしているのかもしれない」

「もう少し我慢して今の仕事続けたほうがいいかもしれない」

そう思うようになっていったんです。

もちろんみんな私のことを考えてアドバイスをしてくれていたのは分かっていました。

落ち込んでいる私を慰めてくれたみんなの優しさは本当に感謝しています。

でも、返ってくる言葉にだんだんと重く感じるようになってしまっていったんです。

「そういえば私なんで相談しているんだっけ?」

という疑問もでてくるようになっていました。

 

転職を重ねるうちにみえてきたこと

そんな私も無事に転職を乗り越え、これまでの社会人人生で3回の転職を経験しました。

そして転職していくうちに見えてきたことがありました。

それは

転職は悪ではないってこと

というのも私は、転職をすること=悪いこと

というふうに考えてしまっていたからです。

でも転職を重ねるうちに、転職をしたことによって得ることができたメリットに気づき、転職することは決して悪いことでも逃げでもなんでもないって思ったんです。

SPONSORED LINK

相談できる人が何人かいるなら、転職経験者に相談したほうがいいと思った

そしてさらに気づいたことがありました。

ふと思ったんです。

「そういえばなんであのとき私は相談を重ねるたびにストレスを感じていたんだ?」

と。

で、わかったんです。

「転職はしないほうがいい!と否定されていたからだ・・」と。

さらに、否定する理由にどこかしら腑に落ちない自分がいたからだ、と。

なぜなら私が相談した相手はみな、転職を経験した人たちじゃなかったんです。

そういう友達ばかりを選んで相談していたことに当時は全然気づいていませんでした。

側にいてくれる友達に相談しよう、そういう考えしかなかったんですね。

今でこそ私は、本気で仕事が辛くて辞めたいと思い悩んでいた人がいたら、転職して得るメリットを体験したので(もちろんデメリットとなる場合もあります)

「そんな辛い思いしているなら、辞めて転職していいと思うよ」って言えますが、もし私が一度も転職していない状況で相談されたら世間のイメージ通り

短期間の転職=悪

転職したらこの先もっと大変そう

この子はきっと苦労するかもしれない

そう思って「辞めるのは考え直した方がいいんじゃない?」「もう少し頑張ってみようよ」なんて言っていたかもしれません。

経験したことがないから、世間の常識を自分のアドバイスとして言っていたと思います。

友達のことを悪く言いたいわけではなくて、相談する相手はその内容によって変えなければいけないってことに気づいたんですよね、今更ながら。

 

専門の機関に相談してみてもいい

まわりにそういう友達や知り合い、先輩がいなかったら専門の機関に相談してもいいと思います。

転職の仲介をしてくれる転職媒体の会社にキャリア相談しに行ってもいいと思いますしね^^

冷静に判断してくれる人を見つけて相談し、話してみれば自分自身も腑に落ちるだろうし、もしかしたらやっぱり転職は踏みとどまった方がいいという結論にもなるかもしれません。

すべてがすべて自分の気持ちに共感してくれるとは限りませんし、転職して失敗した経験がある人からのアドバイスは「転職はするもんじゃない」って答えがくるかもしれませんが、経験者の言葉は重みが違います。

転職はしないほうがいいというイメージだけで「辞めるはまだ早い」と言われてもやはりこちらはどことなく腑に落ちなかったり、余計悩んでしまうことになりかねない。

これまでの転職を経験してきて、こんなこと思ったのでした。

まとめ

  • 大前提として転職は悪ではない
  • 転職未経験者に話しても、腑に落ちない感情が芽生えてしまう
  • 転職したいと思ったら転職経験者にも話してみよう
  • 的確なアドバイスが欲しければ専門の会社に相談しに行ってみよう

 

いかがでしたか?

これはあくまで私の経験で「絶対にこうしろ!」と強く主張したいわけではありません。

すべてがすべて自分の背中を押してくれるような意見が返ってくるわけではありませんが、経験者に打ち明けたほうが共感してもらいやすく、切羽詰まっている自分としては気持ちが楽になるというメリットがあります^^

自分の中で考えすぎて追い込まず、まわりにどんどん相談してくださいね。

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

2017.01.05
SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です