【帰りたい】残業なんて嫌!と思ってる人が残業してしまう理由が分かった

SPONSORED LINK








…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

私が就活中、忙しくてもスキマ時間に無理なくサクっと働いた方法を紹介する

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ
…………………………………………………………………………………………………………………

こんにちは!
こば(@kobakobalife)です!

 

今日は残業について。

3社で経験した残業について思うこと

私はこれまで社会人として4社経験しましたが、うち3社(1,2,4社目)ではヘビーな残業をしていました。

 

1社目と2社目では以下の言葉を叩き込まれていました。

うちの会社はなぁ!残業なんて概念はねーんだよ`Д´)ノ!

社会は残業なんて概念はないのか・∀・

暗黙のルール?そういうもんだと思っていました。

 

そして4社目のシステム会社に関しては

SEとして入ったのですが未経験での入社だったので、やることが大量&自分の目の前の仕事でいっぱいいっぱいで当然残業コースとなるのは覚悟していたんです。

なので自分の未熟さが故って感じな気がしたので、残業残業と嘆く以前の問題でした;;

が!想像以上に過酷でした;;月4日しか休んでなかったし。

 

3社目はまさかのノー残業。快適仕事ライフだった

ただ、唯一残業がなかったのが3社目の会社。

アフター6をたくさん経験することができ

最高でした。

ほんっっっっっっっとに最高でした。

 

業務的には、日中いろんなとこに商談行かなくちゃいけないから疲れましたけど、

動きまわるのは苦でないし残業しないためにというモチベーションがあったので
時間と競争している感が楽しかったです。

会社としても残業には反対で、同僚も、お子さんがいる家庭だったりもして
定時過ぎたら即帰る人たちばかりでした。

 

残業している人はほんの一握りしかいない、そんな環境だったんですね。

うん、環境がよかった。

 

もうね、

残業ないってこんな嬉しいことなんだ!ギャアアアアアアアアアアアアアと初めて知れた会社であり、ありがたく感じてました。

本当、くどいですけど最高でした。

SPONSORED LINK

おや・・毎日帰りが22時ちかいじゃないか・・

上述しましたが、4社目のSEは残業オンパレードでした。

未経験として入社させてもらい、最初は必死に仕事を覚えようとしてたので馬力もやる気もMAXだったのですが入社半年後、残業&休日出勤をするようになっていました。

 

人間関係に関しては今まで経験した職場の中で1番といえるくらい素敵な人たちばかりだったんですけどね・・・。

それだけが救いだった・・

 

でも、経験者である程度仕事ができる人は残業(終電や泊まっている人も)だったり

繁忙期は休日出勤(ひどいときは土日も)してる人もそこそこいて、

経験者は残業があたりまえな環境でした。

新人さんは新人の特権で定時で帰れたんですけどね。

 

で、次第にこの先の自分について予想するようになっていくわけですよ。

 

もしかしたら私も…

 

今より仕事ができるようになったら…

 

みんなみたいに…

 

 

 

なるん

 

 

ちゃうか!?(・ω・)

って

思ってたんですよね。

 

 

 

結果

 

 

 

 

 

 

 

なった

 

 

 

 

いや、仕事は残念ながら全然できなかったんだけど、勤続年数が増えていくと「そろそろできるでしょ?」枠に入っていくらしく、そこそこ重い仕事まかされるようになるんです。

 

残業しないと仕事が全然終わらなくて、いつしか定時が21時と化してました。

 

残業だけじゃ終わらなくて、休日出勤もしていました。

今週は土日どっち出ようかな・・と当たり前のように考えるようになっていました。

 

決して職場の誰かに「残業しろよ」と言われたわけではありません。

すべて自分の意思でそうしていました。

 

 

でも残業しないと終わらないんです。

休日出勤しないと追いつかない、スケジュールに遅れてしまうから。

終わりませんでした、なんて上司に言う方がストレスだったんです。

 

当時の私の21時以降の脳内はエンドレスで

「終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない終わらない」

でした、はい。

 

これが過労へのスタートラインなのかなって思いました。

 

残業せざるを得ないほどの仕事をしていることに違和感を覚えるべきでしたが、

当時はみんなも同じ道通ってきてるんだから私も頑張るしかない!

と言い聞かせて当たり前のように残業してました。

 

見渡せば私のように残業している人もいるんだし、、私もがんばらねばと思っていました。

でもこの考えは絶対間違ってます。

自分より辛い思いしてる人見て「私も頑張らなきゃ」と思うのは絶対に間違ってる

2016.11.15

 

結局、職場に残業している人が多ければ、自分も残業をするようになる

これです!これが「残業しないと決めている人が結局残業してしまう」1番の理由。

いま思うと、もし残業をしない環境なら

あたりまえのように1人ひとりの作業時間にある程度ゆとりをもった(残業ガツガツしない程度に)業務を課せられます。

 

私が残業を経験した会社ではどれもそれがなされていなかったし、個々が背負っている業務量があきらか定時で終わるようなもんじゃなかった。

もちろん自分の未熟さが故ってのは痛いくらい分かってました。でもできる人さえも泊まってるような職場だったんです。

 

これは単純に1人の負担がでかい!ってだけの問題じゃなくて、

それをあたりまえのようにしてきた職場の環境が問題だと思っています。

だから結局職場で残業する人が増える。

 

もし仮にそれが残業しない環境で、いつも自分ばっかり残業をするはめになっているのなら

堂々と「なんで自分だけ!ビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!」とか言えます。

(自分がよっぽど仕事ができないというのは別として)

 

でもまわりがあたりまえのように残業してたらそんなこと安易に言えないし、それを受け入れてしまうようになるんです。

 

最初は「残業なんてしない!極力帰る!」と自分に誓っていても、結局職場が残業な環境であれば、人間は環境に影響され、残業をするようになるんです。

 

それで会社を辞める人もいますけどね。

ここにいたら自分も染まる・・やばい!と逃げ出す(←正しい)人もいます。

 

残業してまでも得たいものがある!って人は会社にいるべきだと思いますけど。

 

なので、ほんと人間って環境に左右されるんだなって心底思いました。

 

残業なんてそべての人が嫌だと思っているに決まってる。でも環境に染まって当たり前のように残業するようになるんですよね。悲しい現実。

 

毎日残業・・感覚が麻痺する前に転職するべきだと経験上、私は思います。

毎日過酷な仕事や残業をしていると、感覚が麻痺します。

自分が働きすぎているということに気づけなくなるんですよ。これ本当です。

そうなると転職のタイミングも失いかねないので、まだ気持ちの余裕があるうちに転職サイトに登録しておくことを経験上おすすめしておきます。

私は女の転職@typeをよく利用して、ここで2回内定をもらいました。(転職は3回してます)

▼こちらで詳しく書いています。

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

2017.01.05

 

残業があたりまえ!な環境には絶対にいるべきではありません。

感覚がまじで麻痺しますから。

 

そんな感じです!!

 

ではでは~

SPONSORED LINK


…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ

【ウォーキングデッド】観なきゃまじで損。なぜこんなに面白いのか5つの魅力を語ります
…………………………………………………………………………………………………………………



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リアクションでか!ってよく言われます。 元プログラマー。 月間20万pvの複数webメディア運営中。 働き方について考える好き! 英語、国際交流、EDM、旅好き。 ブログ仲間募集中ですブロガー好きです! follow us in feedly 友だち追加 Instagram