残業100時間働いても「まだ頑張れる」と思ってしまう麻痺の恐怖

SPONSORED LINK

今考えてもゾっとします。

私が会社員時代だったとき、

1日4〜5時間の残業×20日

追加で月2、3日には土曜日出勤してたので

ザっと100時間 業務時間外に働いていました。

当時はあまりの業務量の多さにいっぱいいっぱいになっており、残業があたりまえとなっているが故に「まだ頑張れる!まだ頑張れる」と思い自分を追い込んでいってしまっていたんですよね。

頑張れる!私なら大丈夫!そう思うことがマヒの始まりだったんだなと、いま思います。

 

残業から生まれるもの、それは感覚マヒ

このブログでも何度か同じようなこと書いていますが、残業から生み出されるものって、

感覚のマヒ

だと思うんですよね。

私がそうだったから、なんですが^^;

まわりの先輩たちはあたりまえのように終電ちかくまで働いていて(なかにはオフィスに泊まる人もいて)残業があたりまえの会社だったんです。

それでも早く帰っちゃいけない雰囲気があったわけではありません。

みんなで残業なくしていこうムードも一時期はありました。

でも。業務量が増えるだけで人数が増えない。

悪循環な体制がずっと続いたんです。

私は決して即戦力ではなかったけれど、それでも【そこそこは仕事できるでしょ?枠】に入っていたのでそれなりの仕事を任されるようになっていました。

すごく嬉しかったんですけどね。責任ある仕事任されて、最初はワクワクしてた部分もありました。

でも、次第にそんなんはどっかに吹っ飛び、毎日が残業からの苦痛に耐え抜く日々へと変わっていきました。

残業が当たり前だから、ランチに外出するときに夕飯分をコンビニで買ってオフィスの冷蔵庫にストックするようになりました。

終電の電車の時間から逆算してタスクをこなすようになってしまいました。

今週の土日はどっちを出勤にしようかな〜と思うことが当たり前になっていきました。

 

まさしくこれが異常な考え。あってはならない考え。

感覚のマヒ

ってやつです。

SPONSORED LINK

ちょっとでも疲れてみたら、職場以外の人に相談してみるのも1つ

もしあなたが「ちょっと疲れてきたかも・・・・」と思ったら、今の状態のことを同じ職場の人間ではない人、そして残業をしていない人に相談してみることをおすすめします。

同じ職場や同じ境遇の人に相談しても共感されるだけで、驚かれず、自分の異常な労働環境に気づけないからです。

「ちょっとそれ・・やばいよ!!」って言われて気づくことも多いので、まわりに打ち明けることは大事だなと実感しました。

私はあまり言わずに(言ったとしても同じ職場^^;)堪えて情緒不安定になって毎日オフィスで泣いてしまいまわりに心配をかけ、そして結果辞めました。

あれが限界だったのだと思います。

正直、今思うのは
あんな情緒不安定になってしまうくらいなら、もっと前に早くに辞めればよかったなと、思いました^^;

 

世の中には働きすぎて絵自分でかかえこみすぎて残念な結果になってしまうケースが少なくありません。

ここで「転職しろ〜転職しろ〜」と安易に勧めるわけではありませんが、ちょっとでも「疲れたな」と思ったら早めにまわりに打ち明けること、そして可能であれば早期に転職することを視野に入れたほうがいいように思います。

まぁ、実体験から、そんなふうに思いました。

ではでは

このへんで〜ヽ(o゚∀゚o)ノ

SPONSORED LINK


ツイッターやってます♪@kobakobalife