仕事もう無理‥限界‥ 大変だよね。そろそろズル休みをしよう【社蓄】

SPONSORED LINK








…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

私が就活中、忙しくてもスキマ時間に無理なくサクっと働いた方法を紹介する

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ
…………………………………………………………………………………………………………………

どうも!
こば(@kobakobalife)です!

 

今回は、私自身、仕事に関して他人事ではない経験をしたので、それについて

超超超まじめに書きます。

もう無理・・これ以上は働けない・・そう思ったら今すぐ休め!ズル休みだっていい!

仕事が大変、、仕事が終わらない、、

これ以上はメンタル的にも体力的にも働けない・・・。

 

そう思ったらすぐに休んでください。

 

ズル休みでいいんです。

休んでください。

心と体が一番大事です。

休んでください。

 

 

クドイくらい言います。

私も心と体に限界を感じ、涙が止まらなくなって休みました。体というか、心が限界だった。

 

 

だから、しつこいくらいに言います。

 

休め

 

 

自覚症状が出たらもう遅い。友達の言葉が胸にささった

と、ここまで言うのも、本気で他人事と思えないからです。

詳しく言うと

私、仕事で体調くずしたことがあったんです。(心も崩れて情緒不安定でした)

無欠勤がとりえだったのに、体調悪くなって

次第に涙も止まらなくなって、、どうしよう、、そろそろメンタルがやばいかも。

そう思って、友達に相談したんですよね。(その友達は以前私と同じような境遇にあっていた人)

 

そして返ってきた言葉がこちら。

「体調不良でズル休みをしろ。仕事なんて評価されるより体調を維持することのほうが大事。」

「早い段階でズル休みしたほうがいい。ほんとうに体調不良で休むようになったら既に手遅れと思ったほうがいい。」

その友達は経験者なので、説得力ありすぎでした。

そして情緒不安定気味だった私はその友達の言葉にかなりウルっときました。

 

ズル休みをするとか、そもそも会社を休むなんて選択肢は、その友達の助言を聞くまでありませんでした。

 

なぜなら

私の中で会社を休む=いけないこと

そう思い込んでいたからです。

 

体調不良=自己管理がなってない

そう思われるのは嫌だと思っていました。

自己管理にも限度があるのに、社会人ならそれができて当然、できないなんてカス!のように自分自身そう強く思っていたんです。

今となっちゃこの考えは超間違っているんですけどね。

 

健康をとるか?まわりの目線や評価をとるか?

でも冷静に考えたんですよね。

なんで休むのが嫌か。

自己管理がなってないって、まわりから思われたくなかったからです。

そう、まわりからの目線や評価を第一に考えてて、自分の健康なんてものは二の次でした。

 

いまだったらあきらかに健康を第一に考えなければだろ!って思いますけど

当時は評価!評価!評価!

そればっか考えていました。

仕事は評価が全て。私の中での最優先事項でした。

 

SPONSORED LINK

会社は自分のこの先を面倒みてくれない

私は、絶対に会社に尽くしたくないし、自分のスキルUPのために尽くしたい。そう思っていました。全ては自分のためというスタンスでいました。

 

でもいつしかそれが会社のために、、、、と思ってしまっている自分がいました。

会社で誰かから圧力があったわけではないし、むしろみんないい人ばかりだった、だから尚更会社のために・・と思っていたのかもしれません。

 

でも

会社に尽くし、体調不良になったとして働くなったとします。

 

 

そのときに会社は何をしてくれるのでしょうか。

 

 

面倒見てくれますか?メンタルが壊れてしまって私を救ってくれますか?

って。

 

疲れが原因で肉体的に崩れたのなら、休めば回復します

でも精神的には、休んだとしても時間がかかるんですよ。

 

だから、友達は早い段階で休めと何度も言っていたんです。

 

私はもともと営業出身で体力あったし、健康面に自信があって大きな病気にかかったことはありませんでした。

だから、自分の健康とかそんな深く考えたことなかったんです。

でも働きすぎて、いろんなものが壊れていって健康って大事なんだなって身をもって経験しました。

吐き気と頭痛を我慢しながら働くのは本当に本当にしんどかったです。

健康を犠牲にしていいことなんてない。本気で思いました。

会社からの評価なんて、その会社辞めたら消えて無くなってしまうのに、他の人に自慢できるものでもなんでもないのに、、。

 

私のように、健康を二の次にしている人は本当に本当に多い。友達にも、同期にもいた。

 

ニュースでたまに聞きますよね?

過労死で、働きすぎて亡くなってしまう人。

 

そうなる前に辞めてしまえばよかったのに、、って思いますよね?

 

でもそんな簡単なもんじゃないんです。

すぐに辞められる人もいますが、気持ちの問題で辞められない人もいる。

私は彼らに比べたら軽い症状でしたけど、過酷な状況下にいて、実際に働いてると感覚を失うんですよ。

働きすぎかな?って感覚がなくなってくるんです。

当時私は毎週土曜出勤して月に4日しか休まなかったときでさえ、日曜日も出たほうがいいかな

とか考えるようになっちゃうんです。

 

無理です!っていうタイミングも失う。

そこでもう無理と思える人、さらに追い込んでしまう人

ここが大きな分かれ道になる、と思いました。

 

私は、少しでも多くの人が無理と言える道に来て欲しいなと思います。

だってその無理ですって言った結果、状況が一変することだってあるのですから。

 

すぐに辞められないのは分かります。だからこそ、せめて、せめて休め!ズル休みでも全然いい!そう思っているんです。

 

感覚を失っているか確認するにはまわりの人(職場とは関係ない友達とか)に現状を伝えて意見をもらうのもありです。

 

追い込んで体調崩して、なんであのときもっと労らなかったんだろう、、なんて思って欲しくないからです。

 

私はもう無理かもと思った瞬間すぐに転職サイトだけには登録してました。
キャリア転職サイト@type女の転職@typeです。

私が転職3回のうち2回《女の転職@type》を利用した理由

2017.01.05

まだ気持ちに少し余裕がある段階に登録をすませてました。
本当に無理!ってなったらすぐにエントリーして面接までいきたかったからです。

 

心と体を犠牲にしてまでやり遂げる仕事なんて続けるべきではありません。

それに、転職回数とか、気にしなくていいと私は思います。私自身は4社経験しましたが、4社も経験できて、いろんなこと知れて結果として楽しかったので。

 

そんな感じです。

 

ではでは~

SPONSORED LINK


…………………………………………………………………………………………………………………
▼おすすめコンテンツ

【無料】ネットで稼ぐ方法やコツはこの1冊の本が教えてくれた。結果をだしたい人におすすめ

【ウォーキングデッド】観なきゃまじで損。なぜこんなに面白いのか5つの魅力を語ります
…………………………………………………………………………………………………………………



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リアクションでか!ってよく言われます。 元プログラマー。 月間20万pvの複数webメディア運営中。 働き方について考える好き! 英語、国際交流、EDM、旅好き。 ブログ仲間募集中ですブロガー好きです! follow us in feedly 友だち追加 Instagram